[Grasshopper]Construct Domainコンポーネントの使い方

[Grasshopper]Construct Domainコンポーネントの使い方 Grasshopperコンポーネント

Construct Domainコンポーネントの使い方について解説します。

見え方1
見え方2

グラスホッパー上では上の2つのどちらかで表されます。

範囲を作成する

範囲を作成する

基本的なConstruct Domainの使い方は、数値の範囲を作成できることです。

今回は、A端子に5、B端子に20を入力しています。

すると、結果として5 To 20と出力されます。

これは、5から20までの範囲という意味になります。

作成した範囲の使い方の例

Construct Domainで作成した範囲の使用例について見てみましょう。

Rangeコンポーネントの使用例

Rangeコンポーネント

最初はこちらのRangeコンポーネントを使用します。

3つの範囲ができた

RangeのD端子に、Construct Domainで作成した範囲をつなげます。

そして、Nに範囲をさらに何分割するかという数値を入力します。

今回は3を入力しました。

3つの範囲の数値を抽出

出力結果を見ると、5・10・15・20の4つの数が抽出されました。

これは、5~10・10~15・15~20の3つの範囲を作成する数を抽出しているためです。

Randomコンポーネントの使用例

Randomコンポーネント

次はこちらのRandomコンポーネントを使用します。

このコンポーネントは、ランダムな数値を生み出すのに使われます。

5つのランダムな数値が出力される

RandomコンポーネントのR端子にConstruct Domainで作成した範囲をつなげます。

そして、作成したいランダムな数の個数の数値をN端子に入力します。

すると、5から20の範囲で5つのランダムな数値が出力されました。

範囲の数値の分だけオブジェクトを動かす

範囲の数値の分だけオブジェクトを動かす

作成した範囲の数値を利用して、オブジェクトを動かしてみたいと思います。

今回は、立方体をMoveコンポーネントを使用して、Z軸方向に動かします。

このように、Z軸方向に15だけ結果として移動しました。

これは、Construct Domainの範囲である20-5=15の分だけ動いたからです。

このように、Construct Domainは引き算のように使うこともできます。

範囲の最初と最後の数値を分解して取り出す

Deconstruct Domainコンポーネント

Deconstruct Domainコンポーネントを使用すると、範囲を分解し、範囲の最初と最後の数値を取り出すことができます。

5と20を取り出した

このように、S端子からは始まりである5、E端子からは終わりである20の数値を取り出すことができました。

Construct Domainコンポーネントを使用しているグラスホッパー記事はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました